ソシアルダンスの教師より、タップダンスに転向。
国内でレッスンを受けた後、舞台、ライブ、ナイトショー、テレビなどの仕事をする傍ら、各種コンテストに振付、
出演し、入賞も多数あり、振付の仕事もやり始める。
1990年にアメリカ、N.Y.に渡り、ほぼ今のスタイルを確立する。
さらに独自スタイルを確立する為と日本に1人でも多くの方にタップを踊る楽しみを伝えたい気持ちで1992年
にタップダンススクールKを開く。誰にでも無理なく、また確実に身に付く現在のオリジナルレッスンメソッドを確立。
教室と共にK’s TAPDANCE COMPANYも設立。ビックバンドとの共演など各方面で活躍中。
Kでは4ビートに拘らず、ロック、ポップスそして、和のリズムなど様々なジャンルの楽曲を使い、皆さんとタップを楽しんでいます。



Kでは初めてタップをやられる方には完全個人レッスンをさせて頂いております。
個人指導によりタップダンスの基本をしっかり身に付けて頂きます。


よく、タップダンスのテクニック習得の過程でつまずいてしまう人がいます。
そういう人に多く見られることは、「ステップは覚えていても基本的な部分を習得できていない」ということ。
タップシューズの裏にはチップと呼ばれる金具がついていますが、極端なことを言えばその部分が床に当たれば誰でも音を出すことができます。
ただ「どこに、どのように当てるか」というタップダンスの音楽的な部分を習得していないと、
後の上級テクニックを習得することは出来ません。
つまずいてしまう人の多くがその基本を備えていないが為に途中で諦めてしまうのです。

Kでは個人レッスンにより、音楽的な要素・理論を踏まえて基本をしっかりお教えします。
基本が身についていると、中級・上級へとステップアップしたときに複雑なテクニックをするときにも、
「どこを意識して何を中心に練習していくといいのか」ということが分かるようになるのです。
徐々にではあっても、確実な音を鳴らすことを目的にレッスンしていただくので、
基本が分からなくてつまずくことはありません。


タップダンスは年齢に関係なく末永く楽しめるダンスです。
当スクールでは現在18歳から74歳の方がタップを楽しんでおります。
また入門〜初級レベル2まではその方のペースに合わせての進みになりますので
年齢などに関わらず無理なくテクニックを覚えていただけます。


いいえ、Kでは個人レッスンもグループレッスンもどちらも、一月一律9,000円です。


500人クラスのホールでの発表会を定期的に行っています。
今回で17回を数えており生徒さん達の目標になっております。


ご入会希望の皆さんには先ずご見学やレッスンのご説明を聞いて頂きご相談の上ご入会を決めて頂いておりますのでホームページからかお電話でお問い合わせください。

また、ご質問など有りましたら遠慮なくお問い合わせください。
Kも今年で24周年、ますます楽しいスクールにしていきたいと思っています。
皆さんとの出会いを楽しみにしております!

タップダンススクールK 阿部和弘